女性ホルモンとの関係は?

女性ホルモンとバストアップには大きな関係があります。

女性らしい体つきは女性ホルモンのおかげですし、女性ホルモンが正常に分泌することにより
バストも膨らんでいきます。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり
排卵を境に交互に分泌しているということは 学校で習いましたよね。

ですが、この女性ホルモンはとてもデリケート。
環境の変化や食生活の乱れ 、ストレスなどの影響を受けやすく
バランスを崩してしまいがちです。

そうすると女性ホルモンは減少し、逆に男性ホルモンがより多く分泌されてしまう場合が考えられます。
つまり、バストアップしにくいカラダになってしまうのですね。


エストロゲンは月経や排卵をおこすホルモンです。

生理の終わり頃から排卵前にかけて分泌量が増え、排卵後は減少します。
エストロゲンは太ももやバスト、腰などの皮下脂肪を増やしたり
コラーゲンの合成を促進したり。
さらに、柔軟な皮膚や艶のある肌の白さを維持するなどの働きがあるそうですよ。

そして、バストアップなど女性らしさを演出してくれる、とても大事なホルモンと言えます。

一方のプロゲステロンは、黄体(排卵後の卵胞)から分泌される女性ホルモンです。
妊娠に欠かせないホルモンですが、乳腺を発達させる働きもあります。

前に書きましたが、女性ホルモンはとてもデリケート。
ほんの些細なことでもバランスを崩してしまいます。
そうすると、自律神経にも影響を与え 冷え性を引き起こしたり、
生理不順になったり女性特有の症状が現れることになります。


加齢とともに女性ホルモンは減少していくので
ある程度仕方がないと思っている人も多いと思いますが、
少しでも女性ホルモンの減少を抑えるために サプリメントなどを利用すると良いかもしれません。

ですが、何よりも大切なことは ストレスを溜めず、ポジティブに生活すること。
食事や睡眠、運動など生活リズムを見直すことのようです。

バストアップを願うなら、まず規則正しい生活を心がけましょう。


Copyright© 2012 バストアップ屋さん All Rights Reserved.