胸が小さい原因を解消してバストアップを目指すには?

バストが小さいことで人知れず悩んでいる人は多いようです。

カラダに関する悩みなので人に打ち明けることもできず、
改善する方法を見つけることができない人も 少なくありません。

乳房の90%が脂肪組織で、残りの10%は乳腺組織です。
  乳房の脂肪の量が多ければ多いほど、乳房も大きくなる、 ということになります。
この脂肪の量は、乳腺の発達具合に左右されます。


ではどうしてバストで個人差が出てくるのでしょう。

大きな原因のひとつとして遺伝が考えられます。
その他、日常生活や女性ホルモンなどが影響しているようです。

女性ホルモンは女性特有の身体を成長させ、主に妊娠や出産に関わります。
さらに、ハリや潤いなど身体全体の調子を整え精神面でも大きな役割を担っています。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類に分けられ、
バランスを取りながら交互に分泌しています。
このバランスが保たれていることで
健康な肌や髪、身体を維持できているのですね。


女性の身体はすごいなと感じる時は「妊娠・出産」だと多くの女性は応えることでしょう。

妊娠すると胸が小さな女性もバストアップします。
びっくりするくらい大きくなります。
個人差がありますが、3サイズ~4サイズくらい大きくなるようですね。

これは、母乳を作るための準備だといえます。
ですから 出産後、赤ちゃんへの授乳期間が終わると
多くの女性は、もとのサイズに戻ってしまいます。
中には元のサイズよりも小さくなる人もいるかもしれません。


このように、バストアップには女性ホルモンが大きく関わっています。
女性ホルモンはとてもデリケートですから、
食生活の乱れや睡眠不足、過度なダイエットなどでも
バランスを崩してしまうことがよくあります。

※女性ホルモンとの関係はこのページでもお伝えしています。


バストアップのためには毎日の生活習慣を見直すことも大切ですね。

そして、女性に大敵な「冷え」も忘れてはいけません。
女性ホルモンは血液の流れに乗って全身を巡りますから、
冷えによる血行不良は女性ホルモンを停滞させます。

つまり、バストアップに悪影響を及ぼしているということでねす。

さらにストレスも女性ホルモンを乱す大きな要因です。
現代社会は、大きなストレスを感じながら仕事をしてる人は多いと思います。

ストレスだと思っていなくても、
生理が止まってしまったり食欲がなくなったりというような 症状がでてきます。
こうなると女性ホルモンが乱れ、自律神経にも影響していくのですね。


バストが小さいと悩んでいる人は、以上のことが要因になっていると考えられます。

日頃の生活習慣を見直し
出来ることから少しずつ、改善をしていきましょう。
食事の栄養バランスや規則正しい生活を送る努力をすることは
誰でもすぐに取り組めることですよね。

Copyright© 2012 バストアップ屋さん Site All Rights Reserved.