胸が垂れてくる原因

20代のころは形のいいバストだったのに、最近はハリがなく垂れてきた気がする。

または、
出産前はパンパンだったのに、産後、授乳期が終わるころには 胸がしぼんで垂れてきた。。。

などと感じる人は多いのではないでしょうか。

女性にとってこの現実はとてもショックですよね。では どうして胸は垂れるのでしょうか。
胸が垂れてしまう原因を考えてみましょう。

まず考えられる原因としては 「重力」です。
これは生きていれば誰でも重力がかかることは当たり前なので、仕方がありません。 胸が大きい人ほど、その重力も大きいということになります。

もうひとつの原因としては「大胸筋の衰え」が挙げられます。
バストの重さは、片方で約180グラムから350グラムだと言われています。 もちろん個人差もあるのですが。

このバストの重みを支えているのが 大胸筋 です。
加齢に伴って、筋力の衰えや肌にハリなどが失われていくと、 大胸筋もその重みを支えることが難しくなっていきます。 そうすると、ハリがなくなり、重力に逆らえずたるんでしまうということです。

気がつけば 胸が垂れていた・・・ということになってしまいます。


重力はどうしようもありませんが、大胸筋を鍛えることは誰にでもできそうですね。
日ごろからバストまわりのケアを心がけることが大切だといえるでしょう。



Copyright© 2012 バストアップ屋さん All Rights Reserved.